龍谷大学の人権学習誌『白色白光』に、対談「セクシャルマイノリティをもっと知ってほしい」が掲載されました

龍谷大学で年に1回、在校生と新入生に向けて発行される人権学習誌『白色白光』(18号)に、社会学部准教授 渡辺めぐみ先生との対談が掲載されました。

『白色白光』 18号 - 多様性を認めあう社会
龍谷大学人権学習誌編集委員会 編集
2016年3月1日 発行

座談会 「セクシャルマイノリティをもっと知ってほしい」

20160426-1  20160426-2

 

「白色白光(びゃくしきびゃっこう)」とは・・・
仏教の阿弥陀経に、「池中蓮華 大如車輪 青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光 微妙香潔」 という言葉があります。阿弥陀仏の浄土に咲く蓮の花は、青き色には青き光、黄なる色には黄なる光、赤き色には赤き光、白き色には白き光があり、その各々の花は妙なる色合いで、その香りは清らかです。このように私たち一人ひとりは、かけがえのない存在で、それぞれの色を持ち光り輝いています。「白色白光」 には、お互いがお互いを尊重しながら、自分だけにしか出せない美しい輝きで咲き匂って欲しいという願いが込められています。(『白色白光』18号 あとがきより)

 

カテゴリー: INFORMATION, メディア掲載、執筆   パーマリンク

コメントは受け付けていません。