連合による「LGBTに関する職場の意識調査 」資料

職場でのLGBTの置かれている現状を示す調査結果となっています。

連合による1000名のインターネット調査
~日本初となる非当事者を中心に実施したLGBT関連の職場意識調査~

「LGBT等(性的マイノリティ)当事者」は8%
職場における「LGBT」に関する差別を「なくすべき」8割強
職場におけるLGBT関連のハラスメントを受けたり見聞きしたりした人は2割強 「LGBT」が身近にいる人では約6割に
ハラスメントの原因 約6割が「差別や偏見」と回答
管理職では認知度や受容度が高い反面、抵抗感等もやや高い傾向に

https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20160825.pdf?0826

カテゴリー: 職場   パーマリンク

コメントは受け付けていません。